| PR | EN | CA | AR | LI |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
門限11時
いつも、時計の針が10時を回ろうとすると総は落ち着かない様子を隠そうとする。少しずつ帰りに乗る電車の駅の方へと近付く。毎回のことだけど、何回過ごしても慣れない門限11時までの1時間。いつもこの時間は俺たちを憂鬱にさせる。夜だから、と繋いだ手がすごく切なくて、いっそこの大きな手が俺を攫ってくれたらと思う。この1時間は俺も総も口数が減る。別に今生の別れでもないのに口を開けば、帰りたくないなどと言ってしまいそうになるから。きっと別れたくないのは総も同じで、それは固く握られた手から分かった。別れたくないのが俺一人だったなら、総が別れたくないとごねたなら、本当のことが言えたはずなのに。総が我慢してるのに俺だけが泣き言を言うわけにはいかない。それは、くだらなくてどうしようもないちっぽけなプライドだった。

いつもと同じように10時20分発の電車に乗る。電車に乗ると総は堰を切ったように突然話し出す。これもいつものこと。今日観た映画のどこが面白かったとか、あの俳優は演技が上手いとか、同じ監督の作品を今度一緒に観ようとか、そんな他愛もない会話でも俺たちの間のどこか重たい空気を吹き飛ばすには丁度よかった。

総の言葉に適当な相槌しか返せないまま、窓の外のネオンを見ていた。このまま電車が止まらずどこまでも行けばいいのにと何度目かの溜め息を吐いたのと同時に降りる駅に着いた。電車を降りて改札を抜けてからは一層時が経つのが早く感じる。わざとゆっくり歩いても流れる景色は俺たちを置き去りにするように足早に進み、あっという間にうちの近くの公園まで来てしまっていた。ここら辺まで来ると総は次に会うときの話をしだす。どんな映画が公開されるだとか、どこそこの店がセールをしているだとか。いつももったいないなあと思いながらも別れのことばかり気にして、総の発した言葉は俺の耳を上滑りしていく。繋いだ手から伝わる総の体温が、寂しい。なにも言わないことが辛くて、でも、口に出せない気持ちを吐き出す術はどこにもなかった。寂寥感だけが募って、また俺の心を重くした。公園のブランコと同じくらい、ぐらぐら不安定な気持ちが風に揺れた。

公園の角を曲がればうちまではすぐだ。大体、門限の5分前くらいには家の前に着く。腕時計を見ると11時まであと3分だった。総。俺の方を向いた総に触れるだけのキスをする。自分の正直な気持ちさえ言えない俺には、これが精一杯だった。それでも総には十分伝わったのか、ぎゅうっと力いっぱい抱きしめられた。裕二さん、と耳元で総が情けない声を出す。
「俺、一生懸命働いて早く裕二さんと暮らせるようになりますから」
そう言ってまた苦しいくらい強く抱きしめられた。総の言葉と、腕の力と、あついほどの体温に涙腺が緩む。だけど、泣いたら駄目だ。涙を堪えるように総の体を押し返して、精一杯平気な顔を作ってみせる。
「一緒に暮らすのなんかいつだって出来るんだから、今は勉強頑張れよ。待ってるから」
ただの強がりだった。それでも、自分が思った以上に声ははっきりとしていて、ひどく安心した。今にも泣きそうな総のほっぺたを両手で軽く叩いて渇を入れる。「早く迎えに来てくれよ」と笑って言うと総もくしゃっと笑った。

腕時計に目をやると、もう11時を少し過ぎていた。あんまり遅いと兄ちゃんうるさいから、と苦笑して今度はしっかりキスをした。おやすみ、の挨拶をして総が角を曲がるまで見送る。いつもは総の大きな背中が次第に小さくなっていくのが切なくて泣いてしまいそうになるけど、総の言葉とあったかい手を思い出せば溢れるのは好きという感情だけだった。
19:19  comments(0)
スポンサーサイト
19:19 - -
comment

message :



photo : CIS
template : Lalala
管理者ページ