| PR | EN | CA | AR | LI |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
色褪せない季節
置いていかれるのが怖かった
夏に、彼らに、痛みに、
置いていかれるのが怖かった
今、なにもかも置いてきぼりで
わたし、今を生きている
(過去に未練はない)

色褪せない季節の始まりで
あの眩しいほどの夏を思う
白と黒の砂のコントラスト
水のきらめきと高鳴る鼓動

色褪せない季節の始まりで
あの眩しいほどの夏を思う
戻れないことは解っている
心から生きていると思えた

色褪せない季節の始まりで
あの眩しいほどの夏を思う
ずいぶん遠く離れてしまい
例えこの肌が白くなっても
(瑞々しいほどの胸の痛み)



くるおしくて、いとおしくて
18:11  -
スポンサーサイト
18:11 - -

photo : CIS
template : Lalala
管理者ページ